ヒグマ春夫/Higuma Haruo (Artist)     MY PORTFOLIO

’90年度文化庁派遣芸術家在外研修員としてニューヨークに滞在し映像インスタレーションをリサーチする。その成果発表が’08年12月-’09 年1月にかけて国立新美術館で「DOMANI・明日」展として開催され映像インスタレーションと映像パフォーマンスを行う。ジャンルを横断したコラボレーションや映像パフォーマンスを国内外で展開している。

2002年
映像を組込んだインスタレーション「DIFFERNCE」で、第5回岡本太郎記念芸術大賞展で優秀賞を受賞する。その年に「釜山ビエンナーレー2002」でパフォーマンスを行う

2004年
「水の記憶・ヒグマ春夫の映像試論」川崎市岡本太郎美術館で個展。その後イスタンブールのAKBANKでグループ展。テヘラン現代美術館で「The Shining Sun」展に参加する。

2005年
府中市美術館でライブ・インスタレーション「深層風景」。映像・インスタレーション・身体・音楽が関係する交差と接触。

2006年
横浜赤レンガ倉庫1号館で「日本ーイラン現代美術展」。インスタレーションと関係する交差と接触「落花水・思索」。大地の芸術祭「越後妻有アートトリエンナーレ2006」ではインスタレーションとパフォーマンス。北京・北京電影学院、上海・半島美術館では「落花水・思索」のパ フォーマンス公演を行う。

2006年
キッド・アイラック・アート・ホールでACKidを企画継続中。ACKidは異なるアーティストが協動して舞台を造り上げていく表現の試み。

2008年
フランスのリール第3大学と川崎市市民ミュージアムで「落花水・思索」のパフォーマンス公演。川崎市民ミュージアムではワークショップを経て作品づくりをする。

2008年
「ヒグマ春夫の映像パラダイムシフト」を展開継続中、映像とはいったい何だろう、映像が関わるとどんなことが可能になるのだろうか、といったようなことを追究している。

2009年
大地の芸術祭「越後妻有アートトリエンナーレ2009」に「ふれあい写真感-おもいは通じる-」と題するインスタレーションとパフォーマ ンス。

作品の特長としては、映像が組み込まれたインスタレーション。紗幕に映像を投影する手法が多い。投影する映像は五元素をビジュアル・イメージとして制作している。また、ソロの映像パフォーマンスや身体表現者との共同作業も積極的に行っている。

2017年
「中之条ビエンナーレ2017」参加「農の精神と農具の魂」を展開。古い農具との出会いから積極的に農具を映像のモチーフに組み込んでいる。

2018年
身体空間波動「のうとノウ半分みえる」を構成する。

最近の映像作品としては、古い農具をモチーフにした「農の舞」1,2,3がある(各20分)2018年制作。「MEKURIMEKU」(49分)2013年制作、「白い海」(45分29秒)2013年制作、「沈黙があって・・・ 時間があって・・・」2014年制作等がある。